派遣社員のメリットやデメリット!主婦・女性や企業側にとっては!?

派遣 社員 メリット

派遣社員メリットデメリット!主婦・女性企業側とっては!?

主婦や独身女性、雇用する企業側からみた派遣社員のメリットとデメリットはどんなものでしょうか?

 

それぞれ、「派遣社員のメリット・デメリット」を具体的に見ていきましょう!

 

主婦にとって派遣社員のメリットやデメリットとは?パートとの違いは?

「家事や育児で忙しい主婦でも派遣社員で働けるの?」

「主婦が働きに出るときに多い「パート勤務」と「派遣社員」はどう違うの?」

 

主婦が知りたい派遣社員として働くメリットとデメリットをまとめましたので、働きに出る前の参考にしてみてくださいね。

 

主婦の都合に合う派遣社員のメリット!単発・短期は早めにエントリー

夏休みや冬休みなど、子どもの長期休暇に合わせてフルで休みたい場合、パート勤務だとなかなか難しいですよね。

 

「働いてみたいけど、飽きっぽくて仕事が覚えられるか正直自信がない…」「毎日の家事で忙しいし自分の趣味を優先させたい!」「たまに、自分が遊ぶお金を稼ぐ程度なら働いてもいいかも」という主婦ならではの事情があるかもしれません。

 

ところが、単発短期派遣社員なら、主婦の事情に合わせて働けるという大きなメリットがあるんです。

派遣会社に登録しておけば、いつでも自分のタイミングで働けますよ。

妊活中やご主人が転勤族の主婦にも、派遣社員はメリットがあります。

 

派遣社員は期間を決めた契約期間内で働くスタイルなので、都合が悪くなったら、次の契約を更新しないという選択肢が取れます。

自分の体調や家庭の都合に合わせて働けますよね。

 

単発や短期の派遣社員で働きたい時のデメリットは、早めにエントリーしないと良い案件はすぐに決まってしまうことです。

 

働きたい期間や日時が事前にわかるのであればデメリットも克服できるため、家族の予定などを早めに決めて気になる派遣社員としての仕事を素早くゲットしましょう!

 

人間関係に縛られないのが派遣社員のメリット!パートに見られる「主婦あるある」のデメリットは問題なし

人間関係に縛られずに済むのも、派遣社員のメリットです。

 

派遣社員は、即戦力となる人材として派遣されます。

基本的には、指示された仕事がきちんとできればよいのです。

正社員のように、飲み会参加やランチミーティング・残業の強制などはありません。

 

企業側は、派遣社員に帰属意識を強制することはできません。

勤務時間外のあなたの時間は自由です。

 

同じ仕事をする主婦が集まるパート勤務の場合、仲間意識やチームワークを重視する場合が多くないですか?

 

パートでは、同じ立場の主婦が多いと、一緒に働くことで心強いことや安心できるというメリットがありますよね。

しかし、親密になりすぎて人間関係が煩雑になり、仕事がやりにくくなる「主婦あるある」が生じるというデメリットも…。

 

派遣社員の場合は、比較的業務の独立性が高いのが特徴です。

パート勤務のように主婦だけが集まることもなく、さまざまな年代の人が働いているので、「主婦あるある」のデメリットは派遣社員においては、比較的 発生しにくいと言えます。

 

派遣社員の根本的なデメリットは、会社によって企業側の考え方が千差万別ということでしょうか。

 

派遣社員でも、一緒に働く「仲間」として、盛大におもてなししてくれる会社もあります。

そういった会社に派遣社員として行った場合、人によってはメリットともデメリットとも感じられるかと思いますが、雑談や飲み会など、ある程度のコミュニケーションを自然に要求されることでしょう。

 

逆に、仕事以外は、ドライな関係性を求める会社もあります。

完全にあなたが「外の人」として扱われ、名前ではなく「派遣さん」などと呼ばれることがあるかもしれません。

 

派遣先の社風に関しては入社してみないとわからないため、このような派遣社員の特徴をデメリットとしてでなくメリットとして享受するには、個々の企業に対してある程度 臨機応変な対応が必要になってきます!

 

時給が高いのが派遣社員のメリット!突如の契約更新終了というデメリットも考慮して!

派遣社員の仕事は、パートに比べて比較的時給高めなのもメリットです。

 

長期派遣なら、デスクワークなど落ち着いた仕事も多く、パソコンスキルや専門性が高ければ時給もアップして よりメリットを感じられるでしょう。

 

もし、スキルに不安があっても、派遣会社には就業者のためのパソコン講座があるのもメリットです。

主婦でも、働きながらキャリアを身につけられますよ。

 

飲食業や販売業など、接客業のパート業務はかなりのフットワークの良さが重視されます。

 

「立ち仕事や、せわしない仕事は疲れちゃうな…。座り作業や静かな環境で働いてみたい」と考えるなら、派遣会社のオフィスワークを検討してみてはいかがでしょうか?

主婦向けの時短のオフィスワークもあるのでぜひ探してみてくださいね。

 

時給が高めで、長期で落ち着いて働けるのが派遣社員のメリットですが、会社の事情が変わったり、あなたの勤怠状況によっては急に契約終了というデメリットもあります。

 

企業側からの契約終了が決定した場合は受け入れるしかありません。

あなたが契約更新を希望しても、企業側の何かしらの理由で、突然、契約を切られることもあるのが派遣社員の最も手痛いデメリットでしょう。

独身の女性にとって派遣社員のメリットやデメリットとは?正社員との違いは?

独身女性にとっての派遣社員のメリットやデメリットも見ていきましょう!

 

派遣社員と正社員の働き方のメリット・デメリットも比較しているので参考にしてみてくださいね。

 

社会保険にも入れるのは独身女性の派遣社員にはメリット!多少のデメリットもあるが長期派遣なら安心して働ける!

派遣社員でも、加入条件を満たせば派遣会社の社会保険に入れます。

 

住民税など自分で支払い手続きが必要なものもありますが、健康保険や厚生年金保険・雇用保険には必ず入れます。

健康診断や人間ドッグも、自己負担ありで受けられるので独身女性でも安心して働けますね!

 

長期派遣で働くことで、有給休暇も出ます。

就業中は、派遣会社が主催のパソコン講座やスキルアップにつなげるビジネスセミナーなどにも参加できますよ。

 

派遣社員は基本的な社会保険には加入できるのですが、「財形貯蓄ができない」「ローンが組みにくい」「クレジットカード」の発行に時間がかかるなど、正社員と比べて社会的な信用や福利厚生が薄くデメリットを感じることを覚悟しなければなりません。

 

しかも、派遣社員のデメリットとして「賞与」がありません。

さらに、時給雇用なので、お盆休みや年末年始など長期休暇がある場合は、月によって収入に差が出るデメリットもあります。

 

独身女性にとって、収入が安定しない点や社会的な信用の薄さは少々気になるデメリットでしょう。

 

派遣社員のメリットとデメリットは、働く前にしっかりと頭に入れておく後から慌てずに済みますよ。

 

派遣社員のメリットを活用すれば期間限定で稼いで目標を叶えられる!

「来年の秋から短期留学がしたい!」「旅費が安い時期を狙って長期旅行に行きたい!」など目標がある場合、期間を決めて集中的に稼ぎやすいのが派遣社員のメリットです。

正社員の場合、短期留学したくても休職が許されない限り、それほどの期間を長期で休むことなど夢の話!

 

また、シーズンオフを狙って長期で旅行に行きたくても会社が長期休暇を取りにくい場合、旅費が高いお盆休みや年末年始に有給休暇を繋げて行くしかないでしょう。

休み中の段取りや引き継ぎなど、同僚に最大限の気をつかいながら協力をしてもらう気苦労も必要となりますね。

 

期間限定の派遣社員なら、目標金額を決めて稼いで契約を終了すれば あとくされなく済むというのが大きなメリットですよ!

 

逆に、その際の派遣社員のデメリットは、期間限定で一気にお金は稼げますが、タイムラグがある働き方だと保険などの切り替えや手続きが少々面倒なことです。

 

派遣社員の仕事の切り替わり時に、厚生年金や国民健康保険などの支払い忘れがないように気を付けましょう!

 

派遣社員ならではのメリットを最大限に利用!大手や気になる職場で経験が積めるのは魅力的!

派遣社員で働くメリットの一つは、大手企業気になる職場で働くチャンスがあること!

 

新卒ではなかなか入社できないような、上場企業や有名企業の案件を派遣会社で募集していることもあるんです。

有名企業や憧れの会社で働くことで、モチベーションが上がりますし大きな経験にもなるというメリットは大きくないですか?

 

しかし、憧れの企業で働くチャンスを得ても立場的には派遣社員のままです。

学生時代に魅力を感じた会社の部署で、キラキラ輝いて働いている女性の姿を見たら…ちょっぴり羨ましくてモヤモヤと嫉妬してしまうというデメリットもあるかも!?

 

いざ、憧れの企業で派遣社員として働いてみたものの、想像とは全く違いショックを受ける事実がある可能性も否めません。

 

派遣社員として理想を胸に働けるメリットばかりでなく、憧れとのギャップに落ち込むデメリットが、実際のところ 少なからずあるという事もどうぞお忘れなく…!

企業側にとって派遣社員のメリット・デメリットとは?

ここまでの、主婦や独身女性から見た派遣社員のメリット・デメリットは「働く側目線」のものでした。

 

実際、現場で派遣社員を雇用する企業側のメリットやデメリットはどうなのでしょうか?

派遣社員 メリット デメリット 企業側

繁忙期だけ雇えるのが派遣社員のメリット!企業側とは持ちつ持たれつの関係

繁忙期だけ派遣社員を雇用できるのは、企業側にとって、大きなメリットでしょう。

 

実際に、派遣社員の即戦力や専門性を活かして、繁忙期だけ定期的に大量雇用している企業もたくさんあります。

 

派遣会社が担うのは、労働力を探す企業と労働力を提供できる人材をマッチングするサービス。

企業側は人件費の調整としてマッチングサービスを上手に利用しており、派遣社員とは持ちつ持たれつの関係なのです。

 

産休や急な休職・退職者にも対応できるのが派遣社員のメリット!企業側にはありがたい存在!

産休社員や急に退職が決まった時の補充要員として、派遣社員を緊急雇用できるのは企業側にとって大きなメリットとなります。

 

社員が急に来られなくなった場合、その社員と同等の能力やパフォーマンスを発揮できる社員をすぐに雇用するのは困難です。

 

派遣会社に、社員と同等の専門技術がある派遣社員を探してもらい、すぐに代理で働いてもらえるなら、企業側にとってはこの上ないメリットであり とてもありがたいですよね!

 

人件費を抑えられるのは派遣社員のメリット!優秀な派遣社員なら社員化もアリ

企業側が派遣社員を雇用するメリットの一つは、人件費のコストカットです。

派遣 社員 メリット 企業側

派遣社員の福利厚生費は、派遣会社が支払います。

企業側が支払うのは、基本的に給与のみで、交通費やボーナス・退職金などの支払い義務はありません。

 

中途採用だと採用活動費の他、入社後の研修費や社員育成のための教育費などがかかりますが、派遣社員の雇用なら即戦力も得られて給与以外のコストがかかりません。

 

稀に一時的な雇用予定の派遣社員が大変優秀だった場合、「部署を変えて引き続き働いて欲しい」「ぜひ、社員になって欲しい」という話になることもあります。

しかし、期間限定で就業を考える派遣社員からすると、アンマッチな依頼となる可能性が高いかもしれませんね!

 

大きな戦力となっていた派遣社員との契約終了後、雇用契約の交渉がうまくいかないことが多いのは企業側のデメリットとなりかねません。

派遣社員のメリットとデメリットは自分次第!考え方が合えば無理なく働ける!

派遣会社のメリットやデメリットはいかがだったでしょうか?

 

それでは、もう一度、派遣会社の働き方と合わせて、メリットとデメリットのおさらいしておきましょう!

 

主婦の派遣社員のメリット

単発や短期でも働ける
人間関係に縛られない
パートより落ち着いた仕事も多く時給が高め

 

独身女性の派遣社員のメリット

社会保険にも加入できる
期間限定で働いて目標が叶う
正社員として採用されるのは非常に難しい、憧れや気になる企業で経験が積める

 

企業側にとっての派遣社員のメリット

繁忙期だけ雇用できる
産休や退職社員の代理になる
人件費を抑えられる

 

派遣社員はメリットが大きい働き方ですが、考え方によってはそれなりのデメリットもあります。

 

派遣の働き方についての悩みは、派遣会社の営業やお仕事案内担当者に相談してみると何かヒントが得られるかもしれません。

 

あなたが派遣社員のメリットを有効に活用して有意義に仕事ができますように!

テキストのコピーはできません。
タイトルとURLをコピーしました